THE HAWKMEN

フジロック’13での来日や朝霧JAM等、2度のジャパンツアーで日本でも人気の高いスキニー・リスター(Skinny Lister)の現ベーシストであり、85年から活動するUKサイコビリーバンド、コフィン・ネイルズ(Coffin Nails)のベーシストでもあるスコット・ミルソム率いる、ビンテージでノーザン・ソウルライクな女性Voロカビリーバンド、それがこのザ・ホークメン(The Hawkmen)。スコットはスキニー・リスターやコフィン・ネイルズ(スコットは89年に加入)の他にもファンク、モッズバンドのビッグ・ボス・マン(Big Boss Man)、日本でもアルバムがヒットしたロカビリーのポップス・カバー・バンド、ザ・ロッカー・カバーズ(The Rocker Covers)のベーシストとしても活躍し、自らのレーベル、グレイストーン・レコーズ(Greystone Records)も主催するUKブリストル界隈の手練れ者。そんなスコット率いるこのザ・ホークメンは、元々はスコットのソロ・プロジェクト、ザ・ホーク(The Hawk)として活動は始まった。元ザ・ヘヴィー(The Heavy)の紅一点ヴォーカリストであったリトル・ハンナ・コリンズをフィーチャーしたザ・ホーク・フィーチャリング・リトル・ハンナ・コリンズ(The Hawk feat. Little Hannah Collins)名義でレトロでソウルな1stシングル「Don’t Judge A Book By Its Cover」を世界中のファンク・バンドをリリースするレーベル、レコード・キックス(Record Kicks)より発売。すぐにヴィンテージ&ソウルDJデュオのSOUL 45や、BBCでソウル&ファンク番組の名物DJとして活躍し、俳優としても有名なクレイグ・チャールズのフェイヴァリットとなり、多くのクラブやラジオで頻繁にスピンされた。その後、メンバーの交代や変更を経て、ヴォーカルにスカーレット・フェイガンが加入し、2017年に現在のザ・ホークメン名義となる。最新作『ソウルフル・ドレス』をリリースと同時にスキニー・リスターではアコーディオンをプレイするマックス・トーマスも鍵盤奏者として加入した。


Members:
Vocals - Scarlett Fagan / スカーレット・フェイガン
Guitar - Gaz Marson / ギャズ・マーソン
Wood Bass - Scott Milsom / スコット・ミルソム
Piano - Max Thomas / マックス・トーマス
Drums - Tim Hillsdon / ティム・ヒルズドン


<OFFICIAL HP>

Uncleowen Music

IRISH / FOLK ONLY LABEL UNCLEOWEN アイリッシュ / フォーク・パンク専門レーベル