Uncleowen Music

記事一覧(145)

FINNEGAN’S HELL

時は2010年、国はスウェーデン。当時別々のケルティックパンクバンドや、ロックバンドで活動していたメンバーが、「ケルティックパンクはまだ死んでない!」と言わんばかりに新たに結成したバンド、それがこのフィネガンズ・ヘル(Finnegan’s Hell)。スカンジナビア半島を横断しながら数々のクラブやパブ、そしてフェスでのショウでその腕を磨き、ライブバンドして成長していく。2011年には初のEP『THE MOLLY MAGUIRES』をリリースし、即完売を記録。ライブでのお客さんも順調に増え、アイルランド、ダブリンに本社を置く新聞「アイリッシュ・タイムズ」にて「フィネガンズ・ヘルの音楽を説明するのは難しい。ただメタリカ(Mettalica)とKilfenora Céilí Band(1909年!に結成されたアイルランド最古のケルティックバンドの1つ)を頭の中でブレンドしてみてほしい。それがフィネガンズ・ヘルで間違いない。」とも紹介された。順風満帆なスタートにより、バンドはヨーロッパ制覇への道を目指す。2014年にはヨーロッパのアイリッシュ/ケルティックパンクシーンからロカビリー、サイコビリーシーンをも牽引するレーベルの一つ、Heptown Recordsより初のフルアルバム『ドランク・シック・アンド・ブルー』をリリース。アルバムは数多くのプレスで紹介され、フィネガンズ・ヘルが鳴らすケルティックパンクはヨーロッパ中で受け入れられた。アルバム最後に収録された”ドランクン・クリスマス”はケルティックパンクシーンのみならず、大衆の音楽シーンにも受け入れられ、スウェーデンの音楽雑誌「Gaffa」でクリスマス・ソング・オブ・ジ・イヤーにも選出された。2015年にはフロッギング・モリー(Flogging Molly)やエルヴェイティ(Eluveitie)らと共にポーランド版ウッドストック・フェスティバルに初出演。そこでのパフォーマンスがオーディエンスから喝采を受け、翌年2016年にも同フェスに2年連続出演するという快挙を達成した。2018年には「生と死」をコンセプトに掲げた2ndアルバム『ライフ・アンド・デス』を発売。ゆりかごから墓場まで突っ走るジェットコースターの如く、スリリングかつエキサイティングに様々な音楽性が入り乱れるこのアルバムでバンドは更なる高みを目指す。

THE HAWKMEN

フジロック’13での来日や朝霧JAM等、2度のジャパンツアーで日本でも人気の高いスキニー・リスター(Skinny Lister)の現ベーシストであり、85年から活動するUKサイコビリーバンド、コフィン・ネイルズ(Coffin Nails)のベーシストでもあるスコット・ミルソム率いる、ビンテージでノーザン・ソウルライクな女性Voロカビリーバンド、それがこのザ・ホークメン(The Hawkmen)。スコットはスキニー・リスターやコフィン・ネイルズ(スコットは89年に加入)の他にもファンク、モッズバンドのビッグ・ボス・マン(Big Boss Man)、日本でもアルバムがヒットしたロカビリーのポップス・カバー・バンド、ザ・ロッカー・カバーズ(The Rocker Covers)のベーシストとしても活躍し、自らのレーベル、グレイストーン・レコーズ(Greystone Records)も主催するUKブリストル界隈の手練れ者。そんなスコット率いるこのザ・ホークメンは、元々はスコットのソロ・プロジェクト、ザ・ホーク(The Hawk)として活動は始まった。元ザ・ヘヴィー(The Heavy)の紅一点ヴォーカリストであったリトル・ハンナ・コリンズをフィーチャーしたザ・ホーク・フィーチャリング・リトル・ハンナ・コリンズ(The Hawk feat. Little Hannah Collins)名義でレトロでソウルな1stシングル「Don’t Judge A Book By Its Cover」を世界中のファンク・バンドをリリースするレーベル、レコード・キックス(Record Kicks)より発売。すぐにヴィンテージ&ソウルDJデュオのSOUL 45や、BBCでソウル&ファンク番組の名物DJとして活躍し、俳優としても有名なクレイグ・チャールズのフェイヴァリットとなり、多くのクラブやラジオで頻繁にスピンされた。その後、メンバーの交代や変更を経て、ヴォーカルにスカーレット・フェイガンが加入し、2017年に現在のザ・ホークメン名義となる。最新作『ソウルフル・ドレス』をリリースと同時にスキニー・リスターではアコーディオンをプレイするマックス・トーマスも鍵盤奏者として加入した。