MUTINY

90年代初頭にオーストラリアで結成。最高に土臭いフォーク・パンク・サウンドに、男女ツイン・ヴォーカルでの掛け合いが魅力で、オーストラリアという国ながら世界中のアイリッシュ/フォーク・パンク・マニアを唸らせてきた伝説のバンド、MUTINY(ミューティニー)。今迄に数多くの作品をリリースしてきていながらも、その全てが自主制作によるデモ作であった為、非常に入手は困難であったが、フィストロ・レコーズ(アメリカ)が唯一のアルバム『RUM REBELLION』を再発したことにより、その名はぐっと世界中に広がる。90年代初頭の古き良きチープなB級パンク感、そしてオーストラリア特有の乾いたフォーク・サウンドはここ日本でも大きな反響を呼び、この再発盤は輸入盤CDショップを中心にヒットを記録する。その後、このアルバムは日本限定でボーナス・トラックを追加し、日本語タイトルとなり再々発されることとなる(『ラム酒の反乱~Japan Edition』)。日本盤のリリースをきっかけにしたかどうかは分かりませんが、長らく活動を停止していた彼らは、2010年頃から再度ライブ活動を再開することとなる。活動20年を迎え、更なる伝説を作るべく動き出す。フォーク・パンクがフォークである為に、フォーク・パンクがパンクである為に。


Members:

Chris - vocals

Alice - bass

Greg - mandolin & guitar

Calum - guitar

Marko - bazouki & guitar

Kav - drums

John Sausage - accordion

Uncleowen Music

IRISH / FOLK ONLY LABEL UNCLEOWEN アイリッシュ / フォーク・パンク専門レーベル