THE RUMJACKS

時は大航海時代、マゼラン海峡を航海していたオランダ人の冒険家によって発見された、南の新大陸「ニューホランド」(現在のオーストラリア大陸)。そこで08年に現れた5人の荒くれ海賊共によるアイリッシュパンク・バンド、それがこのザ・ラムジャックス(THE RUMJACKS)。前身バンドの頃から世界で最も有名なアイリッシュパンク界の宝の地図「シッティン・オニオンズ(SHITE’N’ONIONS)」に取り上げられ注目を浴びる。その後メンバーの入れ替わりを経て、バンド名をこのザ・ラムジャックスとし再出航。世界の中でもアイリッシュパンクが盛んなシドニーのシーンの中でも中心的な人気と実力を得ていった。

マンドリン、バンジョー、バグパイプ、ティンホイッスルといった民族楽器を、パワフルにほとばしるパンクサウンドに乗せた直球のアイリッシュパンクは聞くもの全ての拳を握らせ、その場で暴れ、踊らせる。酒で焼け、しゃがれたフランキー / Frankie(ヴォーカル、ティンホイッスル)が絞り出す酔いどれのメロディは、他のメンバーの導火線にも火を点け、終いには全ての曲のサビで大合唱という大砲を打ち上げる。歌詞はもちろん、アートワークまで曲のすべてのコンセプトを打ち出すフランキーのアーティストとしてのカリスマ性も魅力。ニューホランドという土地にいながら、スコットランド、アイルランドへの想いを綴るその歌詞も日本盤ボーナストラック以外全てをブックレットに記載しています。曲毎に描かれたイラストと共に是非読み、彼が描く航海図を思い浮かべてみてください。このザ・ラムジャックスこそ誰もが求めるアイリッシュパンク理想郷。もしくは海賊船が立ち寄った賑やかな港で開かれた、ちょっと危険な大宴会。土臭く、男臭くも哀愁のメロディで男涙を誘う、魂のパンクロックを大樽に入った酒と共にお楽しみください。


Members:
フランキー・マクラフリン / Frankie McLaughlin - Vocals, Tin Whistle
ジョニー・マクケルヴェイ / Johnny McKelvey - Bass, Vocals
アンソニー・マタース / Anthony Matters - Drums, Vocals
ガブリエル・ワイトボーン / Gabriel Whitbourne - Guitars, Vocals
アダム・ケニー / Adam Kenny - Mandolin, Banjo, Bouzouki, Bodhran, Acoustic Guitar, Vocals


<OFFICIAL HP>

Uncleowen Music

IRISH / FOLK ONLY LABEL UNCLEOWEN アイリッシュ / フォーク・パンク専門レーベル