KOMODO

時はRÄFVENの物語が始まるよりも2年前、、、RÄFVENのパー(ドラム、パーカッション)が団長となり、招集されたパーカッション集団KOMODO(コモド)の物語はこのDVD『ようこそ不思議なサーカスへ』から始まります。

『コモド』のお話を始める前に、まずは09年、スウェーデンから日本にやって来たジプシー音楽団『RÄFVEN』の紹介から始めましょう。RÄFVENが、その名を日本に知らしめたのは09年のフジロックでの事でした。当時全くの無名であった彼らは、この年のフジロックで初来日、日本CDデビューとなりました。そこでなんと前夜祭を含めて4日間あるフジロックに全日程出演し、連日朝から晩まで、1日3回以上、そこらじゅうのステージ、道ばた、ショップエリア、食事エリアでひたすら演奏を続けて廻ったのでした。サックス、トロンボーン、バイオリン、タンブラ等の多くの珍しい楽器を休む間もなく鳴らし続け、歌いたくなったらメンバー皆で歌い、演奏にのってきたら楽器を演奏しながらフラフープを回したり、踊ったり、肩車をしたり、、そのまるでサーカスの様な彼らのショウの噂は瞬く間にフジロック中に広がり、そして口コミは会場の苗場を飛び出し、日本中へと広がって行ったのでした。RÄFVENを構成している「ジプシー音楽」と「サーカス」の要素。その「サーカス」部分を大きくフィーチャーしたのがこちら、超絶パーカッション集団のコモドであると言っても過言ではないでしょう。ドラム、マリンバ、マラカス、ダンス、デッキブラシ、ドラム管、そして必殺の「エアドラム」等々を駆使した、音が鳴るもの全てを楽器に変えてしまう魔法のパーカッション集団です。本国スウェーデンでは、今作収録の演目を引き下げて全国各地の劇場を廻っており、あの北欧家具屋さんの「IKEA」ともコラボした映像を世界に向けて発表しています。さあ、パーカッションのみで表現された驚愕、感動のパフォーマンスによる、ちょっと不思議なサーカスの開幕です!


Members:

Sebastian Ring

Isak Widmark

Per Svenner

Petri Heikura

Peter Lönnqvist

Uncleowen Music

IRISH / FOLK ONLY LABEL UNCLEOWEN アイリッシュ / フォーク・パンク専門レーベル