Uncleowen Music

 

Biography

Hometown

ONDA VAGA

Related items

フジロックフェスティバル’12 前夜祭含む4日間連続9ステージ出演!

※全ステージの軌跡は「LIVE」ページをご参照ください


ONDA VAGA(オンダ・バガ)の物語は07年、ウルグアイにある魔法のビーチから始まります。偶然にも同じビーチで休暇を楽しんでいた彼らはそこで出会い、セッションし、意気投合。その後母国アルゼンチンに戻り、ONDA VAGAを結成したのでした。使用する楽器は結成当初から一貫してアコースティック・ギター、クアトロ(ラテンアメリカの4弦楽器)、カホン、トランペット、トロンボーンという完全なるアコースティック編成。メインのヴォーカリストを特に決めず全員で合唱する歌に、演奏する曲毎に担当楽器を交換する柔軟な編成、激しくもユルくも変化する音楽性を武器に、クラブやライブハウス、カフェやレストランは勿論、劇場、ラジオ局、パーティー会場、展示会、誕生日会等々色々な場所で演奏を続けたのでした。その後、MANU CHAOのアルゼンチン公演での前座大抜擢をきっかけに、世界中の多くのフェスに出演し、その名を広めて行ったのでした。ツアーに次ぐツアーの生活で、ルンバ、クンビア、レゲエ、フォーク、ロック、タンゴをミックスした彼らのポップなワールドミュージックは多くの人の、心と腰を刺激しました。そんな彼らが12年に辿り着いたのがここ日本。そして舞台はフジロックで、全日程への出演。南米のビーチで生まれた緩くも熱いワールドミュージックは、当時日本では全くの無名ながら爆発的にオーディエンスを増やして行き、最終日には大きな合唱の輪と、ハッピーなダンスフロアを作り出したのでした。

フジロックでの初来日時に知り合った加藤登紀子氏との親睦も深く、14年には加藤登紀子氏がミニアルバム『愛を耕すものたちよ』の中でONDA VAGAの”Tatarali”日本語カバーを収録した。

Argentina

Members

Nacho Rodríguez

Marcelo Blanco

Marcos Orellana

Tomás Justo Gaggero

Germán Cohen

2012.9.5 on sale

V.V.『SKA IN THE WORLD』 (SKA IN THE WORLD : SIWI192)

楽園(パラダイス)へ行こう~真珠の島へ” で参加

Other Compilations